Blog

¡フラメンコ・アコーディオン開拓!

img_1123

ここ当分、フラメンコ研究会でお馴染みだったフラメンコギター大山勇実さんにご紹介頂き、初めてフラメンコの現場に参加いたしました!

 

場所は勝浦、千葉の海辺。ミレーニア勝浦というとてものどかなペンション街の庭園です。

 

皆さん夏季のバカンスを満喫されている様子。

 

はじめ45分ほど、勇実さんと2人で、各々の引き出しを交互に出し合うソロフラメンコギター×ソロアコーディオンからスタート、勇実さんはフラメンコの曲から、ゆったりした曲種〜激しい曲種を、それに反応した曲選びで、ジャズ〜南米〜オリジナルまでおおくりしました。

 

矢野さんのカンテ、屋良さんのダンスの加わるメインステージでは、完成された表現システム、”フラメンコ”をご一緒する事ができました。

 

リハーサルで大まかな筋は決めたものの、即興的なアプローチを中心にパフォーマンスが展開されていきます。そこでは感性、直感に委ねられた、とても繊細な選択の連続がおこりました。

 

今回はソレア(ゆったりとした短調系の12拍子)とアレグリアス(軽快な長調系の12拍子)を披露。

 

その他、ギター×パルマ(手拍子)×アコーディオンでフラメンコジャズ、ソレア風のHistoria de un amorとパコ・デルシアの名曲、Entre de aguas(二筋の川)をおおくりしました。

 

ダンス屋良さん、カンテ矢野さん、そして今回の企画、大山さん、貴重な経験をありがとうございました!!

 

心から充実した1日でした。

 

もっとフラメンコ勉強したいです。

大山さんとのフラメンコジャズDuo企画もゆくゆく考えてます〜^ ^

img_1121

img_1124

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です