Profile

アコーディオン奏者。作曲家。サウンドクリエイター。ベース奏者。ジャズ、南米音楽及び世界各地の民族音楽をベースにした演奏、制作を主に得意とし、クラシック~Popsまで幅広い音楽ジャンルの作編曲に造詣をもつ。特に専門的なのはアルゼンチン音楽とフランス音楽。

経歴

1992年12月1日生まれ。所沢出身。幼少期の絵画での体験に刺激を受けアートの道に進む。高校吹奏楽部ではエレキギターとコントラバスを担当しウィーンでの演奏も経験する。

2016年

洗足学園音楽大学ジャズ科卒業。
ジャズ奏法研究をユキ・アリマサ氏、有田純弘氏に師事。
在学中よりプロ活動を開始。
TV収録(共演者:”ゆず)やテーマパーク、BGM演奏の定期案件、その他音源収録、編曲など。

2018年

“音楽の海運事業”をテーマに主催する”民族音楽ようそろ~ず”の1stCDアルバム「Tugboat」を自主レーベルよりリリース。

2019年

前年秋よりアルゼンチンのコリエンテス州に滞在。2ヶ月間のチャマメ音楽の研究の末、現地にて結成したトリオでFiesta National Del Chamame29°とFestival National de Doma y Folkloreに日本人代表として出演し、同州の文化庁長官より表彰を受ける。その様子はアルゼンチン全土に生中継にて放送され反響を受ける。
これを皮切りに、Yamandu Costaをはじめとする南米トップミュージシャンとの交流をもつ。帰国後Gt助川太郎とチャマメユニット”アニャンドゥア”を結成。

2020年

コロナ禍の影響によるLive活動自粛の下、”民族音楽ようそろ~ず”2nd Album”あけぼの廻船”をリリース。前作よりより深く幅広く取り組み、CD容量の限界一杯詰め込んだ作品は、Jazz TokyoやJazz Life誌に掲載されるなど評価を受ける。サブスクも開始。DTMでのゲームBGMや効果音の制作業務を開始。大手ゲームメーカーの作品に携わる。未発表作品のためタイトルは現状非公開。

Gears

Piermaria Gala 
img_2071 Dino Baffetti ParisIII Special Model
Piermaria 306
image1 Hohner nova II

制作環境
DAW : Logic Pro X
プラグイン:Ozone9 Advanced、RX8、Valhalla Vintage Vervなど
音源:Spitfire Studio Orchestra、Massiveなど
オーディオインターフェイス:SSL2
コンデンサマイク×2
MIDIキーボード : iRig Keys
生楽器 : アコーディオン、ベース、篠笛、マンドリン、ギター、ウクレレ